BEACH TOWN EAT STAY SPOT ACTIVITY COLUMN
ロゴ 日本語ロゴ
多々戸浜画像 多々戸浜紹介

線



多々戸浜紹介 多々戸浜紹介

白い砂浜にエメラルドグリーンの綺麗な海、周囲のダイナミックな自然。

「伊豆にこんなに綺麗な海が?」「ここは沖縄みたい!」

と一度行くと 虜になってしまう人も多い

多々戸浜海水浴場。

多々戸浜画像
多々戸浜紹介

場所は下田駅から車で6分ほど。国道136号線を、

下田駅を右手に通り過ぎ、トンネルを二つ抜け、

多々戸浜入口の交差点を左折。

少し坂を下ればすぐに海が見える。

多々戸浜画像

駐車場は全部で129台分完備。

夏季1日1,500円、それ以外の季節は無料。

写真左、赤いコーンの先、

写真右、ビーチ手前左側も駐車スペース。

そして写真右、右側建物の手前を右折、、、

多々戸浜画像

細い道だが車も通行可能、そのまま進むと

ビーチが目の前の駐車場にたどり着く。

この駐車場は人気なので夏場や週末は

すぐに埋まってしまう。

多々戸浜画像

駐車場目の前には美しいビーチが広がる。

このロケーションなら冬場でも

サーファーの彼を待つのも苦にならない。

多々戸浜画像 多々戸浜紹介

多々戸浜と言えば、サーフィンの大会も行われる、

有名なサーフスポット。風をかわし1年中波が立つ。

沖縄の様な綺麗な海でサーフィンが出来る貴重な場所。。

多々戸浜画像

波の良い日や週末は冬でも沢山の

サーファーで溢れかえるほどの人気。。

多々戸浜画像

ビーチ目の前での車中泊組や、

早朝から訪れる人も沢山。。

多々戸浜画像

波質はメローで乗りやすい波。

レギュラーの波もグーフィーの波も立つ。

初心者から上級者まで波乗りを楽しんでいる。

海の左側はロングボード、右はショートボード。

多々戸浜画像 多々戸浜紹介

夏季の海水浴シーズンには沢山の人が訪れる。

客層はサーファーのお父さんとその家族などファミリー層も多い。

比較的落ち着いて過ごすことができるビーチ。

多々戸浜画像

コンビニは歩いていける距離にはない。

必要なものは事前に用意しておいた方がベター。

海の家は出ないが売店と食事処は夏季営業している。

多々戸浜画像

冬の晴れた日もとってもきれいだが、

夏のギラギラした太陽の元、

鮮やかに輝く海の色もとてもきれい。

砂の模様がはっきり見えるほど透明度も高い。

海はサーフエリアと遊泳エリアに分けられる

ので安心して遊ぶことが出来る。

多々戸浜画像 多々戸浜紹介

ビーチでは夏季シーズン中の土曜日、朝ヨガが行われている。



多々戸浜ビーチヨガ情報 多々戸浜紹介

もともと海底火山だったという伊豆半島、

ビーチを端まで散策すると

ダイナミックな地形にも圧倒される。

多々戸浜画像

サーフィンに海水浴に、、、

カップルで、家族で、、、

どのシチュエーションでも楽しめる多々戸浜。

自然派におススメの1年中訪れたいビーチ。

多々戸浜画像







近隣オススメスポット 館山ビーチ海

田牛海水浴場サンドスキー場画像

弓ヶ浜ビーチ、海水浴場の情報

近隣オススメスポット 館山カフェ ランチ イタリアン オーシャンビュー

マルカフェ 下田紹介 里味 下田紹介

近隣オススメスポット 館山ホテル 宿

シーシェル 下田東急ホテル

近隣オススメスポット 館山ホテル 宿

田牛海水浴場サンドスキー場画像

鍋田浜SUP





線





多々戸ビーチの情報

駐車場/129台・1,500円/1日
トイレ/1か所
シャワー/1か所 有料(200円)年間通して利用可
海開き/2018年7/14(土)~8/26(日)
海の家/なし
遊泳可能時間/8時~17時

花火大会/2018年7/29(日)19:30~20:20 禁止/バーベキュー等の直火(白浜中央の一部エリアの除く)/
カセットコンロ等の火気/花火/キャンプ宿泊/野球等硬いボール/
犬の放し飼い/ジェットスキー、マリンジェット等小型船舶の乗入/
自動車等の車両の乗り入れ/泥酔者の遊泳/ゴムボート等のオールの使用/
モリの使用/釣り(海水浴場開設区域外でのみ可)/
スタンドアップパドルボード、ウェーブスキー/小型無人機(ドローン)等の使用





北条ビーチのアクセス

415-0028 静岡県下田市吉佐美47
<電車>
伊豆急下田駅よりバス7分
乗り場/3番 子浦・伊浜・仲木 行き
乗り場/4番 石廊崎港口 行き
降り場/「多々戸」バス停下車・・・徒歩3分

< 車 >東名東京 I.C~沼津I.C~伊豆縦貫道、伊豆中央道、修善寺道路、
下田街道を経て県道14号で河津、国道135号で下田方面へ
    下田駅過ぎ多々戸浜交差点左折








線

top
線